Nintendo Switch向けソフトおよび「スマブラ」シリーズで過去最高の勢いに。
Nintendo Switch本体は国内累計600万台突破。

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、任天堂が2018年12月7日に発売したNintendo Switch向けソフト「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」の国内推定販売本数を速報としてまとめました。

■「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」 売上速報

(集計期間:2018年12月7日~2018年12月9日/販売日数:3日間)

国内推定販売本数: 1,238,358本

※ダウンロードカード、「Nintendo Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALセット」含む
(ダウンロード版の本数は含みません)

「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズの最新作「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」は、発売3日間(初週)で123.8万本を売り上げました。Nintendo Switch向けソフトおよび「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズとしては、過去最高の初週販売本数となっています。

なお、本作発売週(2018年12月3日~12月9日)のNintendo Switch本体の週間販売台数は278,313台で、前週の107,450台から、およそ2.6倍となっています。これにより、Nintendo Switch本体の推定累計販売台数は6,116,566台となり、発売から93週目(1年9ヵ月)で国内累計600万台を突破しました。
クリスマスや年末年始に向けて、今後も同ソフトのさらなる販売本数の伸びが期待されます。

本データを記事にてご使用になる場合は、ファミ通調べ、もしくはゲーム雑誌「ファミ通」を発行する当社(Gzブレイン)調べなど、必ず「ファミ通」というブランド名の記載をお願いいたします。

◇「ファミ通」について
ファミ通グループでは、ゲーム総合情報誌「週刊ファミ通」をはじめとするファミ通各誌、「ファミ通.com」や「ファミ通App」といったゲーム情報サイトなど、様々なサービスを展開しています。また、電子出版事業にも積極的に取り組み、「週刊ファミ通」電子版や、ゲーム攻略本・設定資料集の電子書籍を多数配信しています。
さらに、全国約3,600店舗のファミ通協力店からゲームの売上データを集計し、毎年「ファミ通ゲーム白書」を発刊。モバイルゲームに特化した「ファミ通モバイルゲーム白書」も発刊しています。
ファミ通

◆株式会社Gzブレイン(ジーズブレイン)について
株式会社Gzブレイン(代表取締役社長:堀 健一郎)は2017 年7 月3 日、カドカワ株式会社の100%子会社として設立しました。
『ファミ通』『B’s-LOG』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Web メディアの運営といったゲームメディア事業を展開。さらに、プロゲーマーチームのマネジメントや、ゲームイベントの企画・プロデュースを中心としたe スポーツ事業など、あらゆる角度からゲームの面白さを伝える事業に取り組んでいます。
公式サイトURL: http://gzbrain.jp