福岡から日本のesports市場拡大とアジア圏の進出を狙う

吉村信平は2018年1月より運営していたesportsコミュニティRATELを法人化し、2018年10月2日に株式会社RATEL(福岡市中央区 代表取締役社長:吉村信平)を創業したことをお知らせいたします。

▪RATEL創業の背景
世界では大規模なesports大会が盛んに開催され、esports関連の事業が成長を見せています。しかし、日本においては多くの課題を抱え、esports後進国と言われるほど遅れをとっています。これらの問題に切り込んでいくことによって日本のesports界で一番のプラットフォームを作り上げアジアを中心に世界で展開していきます。

▪代表吉村のコメント
ゲームが好きすぎてesportsスタートアップ「RATEL」を創業しました。RATELがこれから世に送り出すプロダクト・サービスを通して、皆さんにとってesportsが身近に感じられるような世界を創っていきます。
私の地元である福岡は日本有数のプロesportsチームSENGOKU GEMINGの本拠地があり、格闘ゲームの祭典EVO Japan 2019の開催も予定されています。また地理的にもesports大国である韓国や中国、インドネシアに近く海外展開も視野に入れている私達にとって最適な環境です。行政やVCなど福岡のスタートアップコミュニティからも手厚く支援をして頂いています。そんな「福岡」から日本のesports市場を拡大させます。高校野球といえば甲子園、esportsと言えば福岡と言われるようなesports都市を創り上げます。

▪吉村信平 紹介
明治学園高校3年。福岡県出身。2000年生まれ。小学1年生の時にポケモンをプレイしゲームの世界にのめり込む。esports歴8年。

▪会社概要
会社名 株式会社RATEL
代表者 代表取締役 吉村信平
設立日 2018年10月
所在地 福岡市中央区
URL https://ratel.games/
事業内容 esports関連サービス開発
お問い合わせ info@ratel.games (担当:吉村)

※利用規約