デモンストレーション競技の「モンスターストライク」では
日本代表選手が金・銀メダルを獲得!

一般社団法人日本eスポーツ連合(会長:岡村秀樹 以下JeSU)では、11月9日(金)から12日(月)まで、台湾高雄市で開催された、国際eスポーツ連盟(International EsportsFederation、略称:IeSF)主催、「第10回eスポーツワールドチャンピオンシップ」の結果をお知らせします。

【Counter-Strike: Global Offensive 部門】
金メダル:フィンランド 銀メダル:スウェーデン 銅メダル:ルーマニア
日本:10位 / 代表チーム:SCARZ Absolute

【鉄拳7部門】
金メダル:サウジアラビア 銀メダル:日本 銅メダル:韓国
日本代表選手:破壊王

【League of Legends 部門】
金メダル:韓国 銀メダル:マカオ 銅メダル:台湾
※日本から参加なし

【モンスターストライク】
(デモンストレーション競技)
金メダル:日本(チームJAPAN RED) 銀メダル:日本(チームJAPAN BLUE)

■ 国別総合順位 ■

1位:韓国 2位:フィンランド 3位:サウジアラビア

5位:日本
※公式種目による獲得合計ポイント。デモンストレーション競技は対象外です。

■「鉄拳7」部門で日本が銀メダル獲得!
31カ国がエントリーした「鉄拳7」部門では、日本代表の「破壊王」選手が激戦を勝ち抜き、決勝戦まで進出。強豪サウジアラビアとの決勝戦では惜しくも敗れましたが、見事に銀メダルを獲得しました。

◆破壊王選手のコメント

破壊王選手
「メダルは小学校のソフトボール大会以来だったのですが、このように頑張ってきた成果、結果が栄誉ある形になって頂けるのは嬉しいです!

この大会を励みに、色々な大会に出場出来るよう頑張っていきたいです。」



 
■「Counter-Strike: Global Offensive」部門は10位
26カ国がエントリーした「Counter-Strike: Global Offensive」部門では、日本は10位と健闘し
ました。
 
◆SCARZ Absolute、Laz選手のコメント

「今回、金メダル獲得を目指していたので、結果からみるととても悔しいですが、毎大会ごとに得られるがあり、普通の練習試合では体験できない緊張感とチームの一体感が感じられて、良い経験になりました。この経験が次につながると思っているので、ぼくらは続けていくしかないと思って頑張ります。

あと個人的には日本代表の旗手を任されたので緊張しましたがとても貴重な経験が出来ました。」

SCARZ Absolute、Laz選手SCARZ Absolute(一番右がLaz選手)


また、この結果、国別の総合順位では、公式2種目だけのエントリーにも関わらず、日本は参加37カ国の中で5位になりました。

「モンスターストライク」(デモンストレーション競技)
は金・銀メダルを獲得!

「モンスターストライク」の代表選手は、同競技タイトルでプロとして活躍する8チーム32名の中から、それぞれのプレイスタイルを持つ8名がJAPAN RED/JAPAN BLUEの2チームに分かれ、日本代表として、台湾、香港との戦いを制し、金メダル、銀メダルを獲得しました。

JAPAN RED
JAPAN RED
チームJAPAN RED(メダル授賞の様子)


◆チームJAPAN RED(リーダー)、なんとかキララEL選手のコメント

なんとかキララEL選手
「本大会用に結成された“モンストのプロ”混合チームのデモンストレーションマッチとは言え、勝負は勝負。楽しみながらプレイできた上に結果がついてきて、本当に光栄に思います。

そして、会場にいらっしゃった、まだ『モンスターストライク スタジアム』を知らない方に、少しでも“熱さ”や“興味”を、もうご存知の方には“奥深さ”と“プロの思考”を届けられたのであれば、これに勝る喜びはありません!」


■公式動画のアーカイブについて
各競技のアーカイブは、OPENREC JeSU公式チャンネルなど、以下のチャンネルでご覧いただけます。
・OPENREC: https://www.openrec.tv/user/JeSU_official
・Twitch: https://www.twitch.tv/iesf_tv/videos
・YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=0FHiYPDVKdw(※モンスターストライクのみ)
 
◆第10回eスポーツ ワールドチャンピオンシップについて
国際eスポーツ連盟(International Esports Federation、略称:IeSF)が主催するeスポーツの世界大会で、第10回の今大会は37ヵ国がエントリーしました。
公式種目は「Counter-Strike: Global Offensive」、「League of Legends」、「鉄拳7」の全3種目と、「モンスターストライク」がデモンストレーション競技に採用されました。
日本からは「Counter-Strike: Global Offensive」、「鉄拳7」の2種目と、デモンストレーション競技の「モンスターストライク」にエントリーし、JeSUより各代表選手を派遣しました。
 
◆日本eスポーツ連合(JeSU)について
一般社団法人日本eスポーツ連合は、日本国内のeスポーツの普及と発展、そしてeスポーツの振興を目的に国民の競技力の向上及びスポーツ精神の普及を目指してまいります。JeSUは、eスポーツの認知向上とeスポーツ選手の活躍の場をこれからも広げていくために、競技タイトルの認定や選手のプロライセンス発行、そしてアジア競技大会をはじめとした国際的なeスポーツ大会への選手の派遣など、様々な取り組みを行っております。
 
 
また、以下のスポンサー企業や団体の支援を受け、国内のeスポーツ産業の発展に努めてまいります。

【オフィシャルスポンサー】
KDDI株式会社
サントリーホールディングス株式会社
株式会社ローソン
株式会社サードウェーブ
株式会社ビームス
Indeed Japan株式会社

協力:一般社団法人コンピュータエンターテイメント協会(CESA)
一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)

後援:一般社団法人日本アミューズメントマシン協会(JAMMA)
一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)