老若男女が楽しめる、史上初のカラオケを使った e-Sports
熱唱しながら全身でポーズを決めろ!VR ぶち抜きカラオケ『ぶちカラ』
~現実にはあり得ないシュールな世界、アナタは 1 曲で何枚の板をぶち抜ける?~

 

東京ゲームショウ2018に『ぶちカラ』出店決定!

株式会社プロディジ(所在地:東京都千代田区、代表取締役 山嵜吾郎)は、2018年9月20日より開催される「東京ゲームショウ2018」にて、VRとカラオケにスポーツを組み合わせた新しい体験「スポカラ(R)」の第2弾としてVRぶち抜きカラオケ『ぶちカラ』を発表いたします。シュールな世界観の中で熱唱しながら、ハイキックや大の字、バレエのポーズなど板に描かれたポーズと同じポーズをとり板をぶち抜いていきます。3回失敗するとアウト、アナタは1曲を最後まで歌いきれるのか?カラオケを使ったe-Sportsは史上初ですので、ぜひ会場でご体験ください。




『ぶちカラ』イメージ画像、歌いながらポーズをとって板をぶち抜け!





『ぶちカラ』ロゴ

■『ぶちカラ』とは?

大声で熱唱しながら、板に描かれたポーズと同じポーズを決めて板をぶち抜くVRぶち抜きカラオケ『ぶちカラ』。VRゴーグルと手首・足首にトラッカーを装着すると、眼の前に広がるのはどこか懐かしい、でも現実にはあり得ないシュールな世界。大仏、フジヤマ、芸者など、日本をイメージするモチーフたちがゲームの盛り上がりにあわせて登場します。
カラオケなので大声で熱唱するのは当然。
でも普通には歌えません。前や左右からポーズの描かれた板がアナタに迫ってきます。板に描かれているのはハイキックや大の字、バレエのポーズ、相撲の四股など様々。描かれているポーズと同じポーズを決めて板をぶち抜きましょう!
ポーズがうまく決まっていれば、スパーンと気持ちよく板をぶち抜くことができます。アナタの歌声が大きければ大きいほど、ぶち抜いた板の破片が粉々に飛び散りますよ!ポーズが決められないとアナタは板に激突、ライフが1つ減ってしまいます。ライフがなくなるとカラオケは強制終了、アナタは最後まで歌うことができるのか?板を何枚ぶち抜けるのか?
得点がでるので複数人が対戦することも可能です。年齢に関わらず誰もが楽しめて、観戦している側も笑顔になること間違いなし。これが史上初のカラオケを使ったe-Sports、VRぶち抜きカラオケ『ぶちカラ』です。

■展示ブース

e-Sportsコーナー10-E19『プロディジpoweredbyJOYSOUND』

■ゲームショウ当日の取材対応について
・ブースにて『ぶちカラ』を体験
・代表取締役・山嵜吾郎のインタビュー
※会期中は会場におりますが事前にご連絡いただけると確実です。

■社長・山嵜よりコメント

e-Sportsの盛り上がりには目を瞠るものがあり、ゲーム好きの者であれば誰もが知っているようなタイトルもe-Sportsとして競技がされるようになりました。ただ、競技性が強いものは既にたくさんありますが、誰もが楽しめるものというとまだないのではないかと感じています。年齢や性別、体力などにあまり左右されず、老若男女が楽しめて、対戦もできて、体も動かせるものは作れないだろうか?
そんな思いから「ぶちカラ」は始まりました。日本発祥の文化であるカラオケに、特定のポーズを決めるという簡単運動を組み合わせてみる。すると、まるでお茶の間で見ているだけだったバラエティ番組の中に、自分が飛び込んだような体験をすることができます。さらにゲーム性を高めるためにライフや得点などの要素も取り入れることで、「カラオケ+VRゲーム+全身を使った運動」という新しいモノができあがりました。
カラオケを使ったe-Sportsは史上初、私たちらしい挑戦ができたと感じております。

■「スポカラ(R)」とは?

「スポカラ(R)」は、2017年の東京ゲームショウよりプロディジが提案している、VRの技術を使い、さらにスポーツとカラオケを融合させた新しいジャンルです。VRゴーグルを装着しながらのカラオケ、装着しながらのエクササイズやスポーツは開発されてきましたが、VRとカラオケとスポーツの3つを同時に組み合わせているところは「スポカラ(R)」だけの特徴です。
2017年度はボクシングと組み合わせた『撲カラ(R)』を発表し、実際にJOYSOUNDの店舗に期間限定で導入されております。

『撲カラ(R)』公式サイトhttps://boku-kara.jp/
【「撲カラ(R)」「スポカラ(R)」は株式会社プロディジの登録商標です】

【技術協力】
株式会社エクシングhttp://www.xing.co.jp/業務用通信カラオケ「JOYSOUND」を展開。自分の歌う姿を全国のユーザーに公開できる「うたスキ動画」や、楽器演奏が楽しめるカラオケ、スマートフォンと連携したサービスなど、今までにないカラオケの楽しみ方を提案し続けています。2017年7月には、極上のサウンドを実現したカラオケの新機種「JOYSOUNDMAX2」を発売。家庭用カラオケ、スマートフォンアプリなど、あらゆるサービスを通じて、いつでもどこでも楽しめる音楽エンタテイメントを皆さまに提供します。

【会社概要】
会社名:株式会社プロディジ
代表者:代表取締役山嵜吾郎
所在地:東京都千代田区外神田2−13−7ダイニチ神田ビル3F
TEL:03-3257-8608
FAX:03-3257-8609
URL:https://prodigy-inc.co.jp

E-Mail:webadmin@prodigy-inc.co.jp
事業内容:
スマートフォン黎明期に自社アプリとして開発した「Fit4Rhythm」がアプリ大賞を受賞。
IT業界の最新技術を積極的に研究・開発し、ここ数年はVR、AR、IoTなどの分野にもチャレンジし、ハウステンボス変なホテルにてサービス中のTheZoneTM
(http://thezone.jp/promotion/)のコンテンツ開発も行う。最新技術を使った“面白くて役に立つ”もの作りに挑戦している。
ソフトウェアの開発及び販売/システム設計及びプログラム受託/情報ネットワークシステムの構築及びコンサルティング

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社プロディジ(広報担当)TEL:03-3257-8608/koho@prodigy-inc.co.jp
ゲームショウ会場での連絡先(山嵜)090-8858-8608

※利用規約